【レビューまとめ】京セラのBASIO KYV32はau初の高齢者向けシンプルスマホ!?

カテゴリ:スマートフォン メーカー:京セラ

【レビューまとめ】京セラのBASIO KYV32はau初の高齢者向けシンプルスマホ!? 京セラのBASIO KYV32のレビューまとめ!操作しやすい大きなアイコンや専用のカメラボタンを備えるなど、URBANO V01を高齢者向けに改良してシンプルスマホにしたこのスマートフォン、みんなの評価はいかがなものなのでしょうか?



公式ページ

京セラのBASIOの公式ページ BASIOの概要は京セラ公式ページを参照してください。

ベイシオのau公式ページ ベイシオのスペックはau公式ページがわかりやすいです。

動画

動画はたくさんあるようなのでYouTubeの検索結果を貼っておきますね。

au公式動画で基本操作の方法などが解説されています。

発売前のレビュー

これまでもauでは、「URBANO」のように、シニアを含めた層に受け入れられる機種を提供してきた。しかしターゲット層を60代として、シニア層へ明確にアピールする機種としては「BASIO」が初めてになるという。Google Playに対応するなど、Androidスマートフォンとしての機能は一通り押さえつつ、ユーザーインターフェイスなどをわかりやすくなるように工夫している。

ケータイ Watchのレビュー。 コンセプトと専用ハードウェアキー、わかりやすいインターフェイスや文字を大きくするなどの機能、ハードウェアの仕様などについての説明。ピンク色モデルの写真が多数ある。東急ハンズと合作した公式皮製ストラップの画像も。

発売当初のレビュー

auショップの発信。店頭写真ですね。

専用UIは採用されているものの、自分で好きなようにカスタマイズができるほか、Google Playからのアプリ追加も可能。ディスプレーは5型(1080×1920ドット)で、CPUに2.3GHz動作のクアッドコア(Snapdragon 801)に2GBのメモリー、16GBのストレージとスペックも高く、他のスマホと比べても見劣りしない

また、メインのキーがハード(ウェア)キーである、カメラのシャッター専用ボタンが用意されるなどの仕様は、スマホに慣れていない層にはうれしいところだ。防水・防塵のほかに耐衝撃にも対応するほか、京セラ製端末らしく「スマートソニックレシーバー」も搭載する。

売り行きがあまり良くないのか、報道機関向けの説明会が開かれました。スペックの高さや専用物理ボタンの使い勝手の良さ、防水防塵耐衝撃で落下に強い点などが改めて主張されています。

訪問サポートサービスが開始される

ジュピターショップチャンネルが放送する番組「au スマートフォン デビュー」で本端末を紹介。購入者には担当者が自宅で各種操作方法をサポートする「スマートフォン設定&レッスン」を無償で提供する。レッスンでは最大約120分間、利用開始の手続きから電話のかけ方、文字入力、アプリの操作方法などを教える。

テレビで通信販売が行われ、購入者には訪問サポートが無料で実施されるとのこと。発売から2ヶ月という期間を考えると、やはりあまり売れていないんでしょうか・・・。

個人のレビュー

嫁の母親が、本格シニア向けスマホBASIO(ベイシオ)を購入したそうな。 毎日嬉々としているらしいのですが、LINEでスタンプが買えず困り果てているとのこと。 BASIOのAndroidの設定を色々確認したけどよくわからなかったのだが、結局原因は単純で、Googleアカウントの作成と課金設定がしてなかったのだ。

お年寄りでもLINEをやるっていうのは驚き・・・。

クチコミなどのレビュー

情報機器になれていない人にとってはガラケーでもスマホでも見ていて操作が難しそうに見えますが、親の使った感じだとガラケーよりはボタンが少なくてわかりやすいと言っていました。

高齢者のみなさんにはボタンが少ない方がややこしくなくて使いやすいみたいですね。目が悪く、指先がうまく使えない人にとって、小さいボタンがたくさん密集してるのは操作が困難なんですよね。やっぱりデカいスマホを指でなぞったりしてる方が簡単だと思います。このBASIOには大型の物理ボタンもついているので、操作はさらに簡単になっています。

色々触ってたらアイコンが消えちゃってて、それをショップ店員がなおせなかったけど、それはこのBASIOのOSを製造元がカスタマイズして独自設計となっていたから、ということらしいです。ただ写真が無いので事実なのかどうかはわかりません・・・。

まとめ

BASIO KYV32のレビューをまとめます・・・。

高齢者・機械の操作が苦手な人向けにボタン配置やインターフェース画面が特別設計されている。
5インチの画面サイズで見やすく操作しやすい。
文字の拡大ツールがあり、小さい文字も拡大して見やすく表示できる。
本体側面にシャッターボタンとしても使えるカメラボタンが存在し、一押しで撮影モードを起動できるなど操作が明快。
強化ガラス(Dragontrail X)採用で高い耐衝撃性を備える。
画面そのものが振動して音を伝えるスマートソニックレシーバー採用でどこに耳をあてても聞こえやすい。
電池容量3000mAhで長時間使える。
auのプランではデータ通信700MBまでと制限されている・・・。
設定アイコンが消えた?→新品交換(ソフトウェアのバグ?)・・・。

BASIOの評価:
55歳以上の料金プランは700MB制限の2年縛りで4280円と高いようにも思えますが、外でインターネットすることがあまりない人には問題無さそうです。