【レビューまとめ】AcerのLiquid Z200はブックオフのスマオフSIMだと通話ができない!?

カテゴリ:スマートフォン メーカー:Acer

【レビューまとめ】AcerのLiquid Z200はブックオフのスマオフSIMだと通話ができない!? AcerのLiquid Z200のレビューまとめ!ブックオフで中古端末を買い取らせれば無料で貰えるスマオフサービスにて展開されるこの格安スマートフォン、みんなの評価はいかがなものなのでしょうか?



公式ページ

AcerのLiquid Z200の公式ページ Liquid Z200の概要はAcer公式ページを参照してください。

ブックオフのスマオフ

スマオフの特設ページ スマオフの概要はブックオフ特設ページを参照してください。

動画

動画はたくさんあるようなのでYouTubeの検索結果を貼っておきますね。

その中から3Dゲームをプレイしているっぽい動画を。低スペな割りに特に問題はなさそうに見えます。

通話ができないプラン

SIMは丸紅グループが提供するもので、NTTドコモ回線を利用。音声通話には非対応だが、SMSには対応した。あえてデータ通信専用プランのみとし、SMS付きとしては業界最安域を実現したという。

ブックオフはスマOFFの提供で携帯電話のリユース率向上をアップさせたいとしており、同社に携帯電話・スマートフォンを売却したユーザーにはLiquid Z200を無料でプレゼントする。

ブックオフのスマオフというプランでは通話ができません。デュアルSIMなので他社のSIMカードをもう一枚挿せば通話できるようになります。また携帯電話を売ると無料でLiquid Z200が手に入ります。

発売当初のレビュー

発売当初の店頭撮影画像ですね。

これ、他のソースを見ると端末がFOMAプラスエリア非対応っぽいんだが。
そこを日本用に対応させてないと、他の端末を選ばずにコレを選ぶ理由がまるでないぞ。
近い価格帯でもCoviaのF4sや、もうすぐ出る(出た?)ポラロイドpiguがあるのに。

プラスエリアは非対応だな
ocn音声+piguは大人気完売しちゃったね

端末自体がLTE非対応かよ…

お前ら知らん人もいるかもしれんが、さいきんのLTEは回線が混雑していて
3Gの方が早いという逆転現象が起きているとかいないとか

LTEだろうが3Gだろうが、それなりに速度がでればいいよ
youtubeをちょいと見るぐらいだし

スペックがポラロイド・ピグと似たようなのだし1万円出して買うやついるの?

解像度の違いは割とでかい

CPUや画面解像度は我慢するにしてもRAM 512MBは致命的

低価格にこだわりすぎてゴミになってしまった感じ
バカを相手にするなら「実質0円」の方がずっとアピールするのに
企画意図がどこにあるんだろうこれ

「端末のみ無料」というべきだよな

「音声通話には非対応」

デュアルSIMだからソフトバンクのプリペイドSIM入れとくと通話もできそうだな。

丸紅のSIMって事は日本通信・・・

丸紅(b-mobileの回線)で2年縛りwwwwww

512MB RAMのAndroidのツラさは、その時代の端末を触った人たちは全員理解している。
泥4.4に512MBという、こんな端末で2年完走は拷問でしかない。

この端末を貰うがために契約した場合、SIMの契約は2年縛りなので、
ゆくゆく再びまともな白ロム購入の探索をせざるを得なくなる。

だったら最初から、まともな中級端末と、縛りのないSIMを選んだほうが得策。

これにするくらいならポラロイド・ピグのほうがマシだよなぁ

通話がしたいのならさらに別の通信会社と契約しなければなりません・・・。これが自分にぴったり!と言う人はかなり限定的でしょう。指摘されているように、これは販売戦略のミスなのでしょうか?

2年縛りが解除される

「買い取り代金のほかにスマホも提供する」という売りにもかかわらず、加入者獲得は振るわず、端末買い取りの活性化につながらなかった。ブックオフは、その原因が、端末無償提供の条件に2年間の契約縛りを設け、途中解約には1万円の違約金を課した点にあったと判断。「ブックオフの格安スマホサービスの設計は間違っていた」(事業開発部)として、早くもサービスのてこ入れに動いた。

違約金廃止は、過去の加入者にもさかのぼって適用する。また、Acer Liquid以外の端末に差し替えて使うユーザーの使い勝手を考慮して、提供するSIMの寸法を標準型からmicroSIMに変更する改善も実施した。利用している加入者は、4月中に申し込めば無償でSIMを交換できる。

中古端末を売ればタダでもらえるからと言って、こんな低スペ端末+通話もできないしょぼしょぼプランを2年間継続して使おうという人はほとんどいないでしょう。予備のスマホとかならありかもしれませんが・・・。

企業のレビュー

実際にブックオフに行って買って来て、箱を開封してのレビュー。iPhone 5sやNexus 5とのサイズ比較に、ワイモバイルのSIMカードを入れての動作など。それからYouTubeを1080pで見ても問題無いみたいですね、この解像度だと無意味ですけど・・・。

ASCIIのレビュー。一部店舗から各店での発売に変わった後での実機レポート。短い内容ながら、外観写真や料金プラン、スペックなどがわかりやすく解説されている。

スペックで一番気になるのは、ストレージが4GBに限られることだ。最近のモデルは、最低でも16GBは確保しているので、これは相当少ないと考えたほうがいい。写真を数枚撮影しただけの、ほぼ初期状態で空き容量は1.6GBしか残っていなかった。

日経トレンディネットのレビュー。 本体写真、液晶画面、ストレージ、使用用途についてなど、欠点と方向性が理解しやすい内容。

個人のレビュー

カメラレンズの下には物理ボタンを装備しています。このボタンを長押しすると、カメラアプリが起動します。さらに、普通に押した場合は指定したアプリを起動。アプリは設定から変更できるので、よく使うアプリを登録しておけば、サッと使えるので便利です。

ブックオフで実際にスマオフサービスを利用した人のレビュー。AQUOS PHONE sv SH-10Dを買い取ってもらい、Liquid Z200を無料で貰えたとのこと。

まとめ

みんなのレビューをまとめます・・・。

ブックオフで古い携帯電話を引き取らせると無料でもらえる。
ただしその場合、付属のSIMは2年契約強制となる・・・。
ブックオフのスマOFFプランは月額980円と安い。
ブックオフのスマOFFプランでは通話ができない・・・。
有料だと10,000円と性能の割りに高い(?)・・・。
バッテリー容量が1300mAhと少なめ・・・。
メモリは512MBと少なめ・・・。
YouTubeを1080pで見ても問題は無い。
3Dゲームもプレイできる。
裏面のAcerRAPIDボタンですぐに撮影できたりと色々便利。

バッテリーの持続時間とかは気になります。

Liquid Z200の評価:
発売直後のレビューとしてはこんなもんでしょうか。さすがに通話ができないプラン、なんていうのはスマート「フォン」として意味不明ですね。端末の値段も、他の格安スマホと比べて安いでもない・・・。