【レビュー】マイミストATD-A080は机に置けるほど小さい割りに音が大きい!?

カテゴリ:加湿器 メーカー:タイガー魔法瓶

【レビュー】マイミストATD-A080は机に置けるほど小さい割りに音が大きい!? タイガー魔法瓶のマイミストATD-A080-WAの購入レビュー!机の上に置ける小ささと持ち運びもできる軽さを実現したこの加湿器、加湿能力はいかがなものなのでしょうか?

公式ページ

タイガー魔法瓶のマイミストATD-A080の公式ページ ATD-A080の概要はタイガー魔法瓶公式ページを参照してください。

購入金額

3300円くらい買いました。安いときには2000円切ってたこともあったようですね。

ここからレビュー

マイミストATD-A080の中身 中身は本体と電源コード、フィルター2個にアロマトレイ、電源コード、保証書兼説明書ですね。

マイミストATD-A080-WAの本体 これが本体。小さめで机にも置ける大きさ。色は白色を選びました。橙色も売ってます。

マイミストATD-A080-WAの本体を分解した 本体を分解してみました。

マイミストATD-A080-WAの構造 構造はこんな感じになってます。

マイミストATD-A080-WAの水路 水路。水切れによる自動スイッチオフのための浮きが黄ばんでしまっていますが、もともとは真っ白でした。

マイミストATD-A080-WAの水タンク 水タンク。容量400mlです。連続5時間稼動とされています。

マイミストATD-A080-WAのフィルター フィルターは2個ついてきます。右は3ヶ月くらい使用したもの。本体もろともこまめにクエン酸洗浄しないと割りとすぐに黄色くなります。

マイミストATD-A080-WAのフィルターを入れる皿 フィルターはこの皿に入れる。

マイミストATD-A080-WAのアロマトレイ アロマトレイ。と言ってもただのプラスチックの小皿。

マイミストATD-A080-WAのアロマフィルターを載せる蒸気口 アロマトレイも蒸気口に乗せるだけ。熱い蒸気にさらされて勝手に蒸発・溶解するという寸法か。

マイミストATD-A080-WAの本体前面 本体前面のスイッチ。水切れで自動電源オフ。緑のランプが赤いランプに切り替わります。

マイミストATD-A080-WA 本体背面右側の穴がいっぱい空いてるところは水を通さないように注意しなければならない。

マイミストATD-A080-WAの電源コード 電源コードはマグネットプラグ式で便利。

マイミストATD-A080-WAの底面 本体底面。ゴム足がついてますので安定性はしっかりしています。ガタついてたりはしません。精度は良いです。

マイミストATD-A080-WAで加湿する 実際に加湿してみましょう。蒸気がかすかにのぼっているのがわかりますか?

マイミストATD-A080-WAの蒸気口 蒸気口はかなり熱くなるので手を近づけないようにしましょう。

湿度は・・・

6畳くらいの小さい部屋だとこれでも十分ですね。スチーム式なので部屋の気温を下げることもなく、むしろ温まってる感じもして良いです。

音は・・・

結構うるさいです。と言ってもやかましい感じや、機械音っぽい感じはしません。スチーム式はお湯を沸騰させているだけですからね。水から気泡が立つ時のボコボコ音と、それがドーナツ型のフィルターの穴を通り抜ける時のシャカシャカ音です。

汚れたマイミストATD-A080-WA うるさいので私はフィルターを入れずにつかっていたのですが、こんなひどいことになってしまいました。

マイミストATD-A080-WAをクエン酸洗浄する えらいことになってますね。しかしここまで汚れてもクエン酸を加えて稼動させること2回でキレイになりました。それが実は5番目の写真です。浮きの黄ばみは直接タンクにクエン酸を入れて稼動させるととれるかも知れません・・・。

まとめ

自分のレビューをまとめます・・・。

値段が安め。
加湿能力が75ml/時と低い・・・。
水タンクの容量が400mlとやや少ない・・・。
連続加湿時間5時間と十分な長さ。
構造が単純で手入れが簡単。
音の大きさは大きく、ややうるさい・・・。
音の質自体は不自然ではない。
電源コードがマグネットプラグ式。

マイミストATD-A080の評価:
ちょっと音が大きいこと以外は満足です。デザインがすっきりしてて良い。