【レビューまとめ】ZenFone 2 Laserの評価!レーザーオートフォーカスで暗所でも高速?

カテゴリ:スマートフォン メーカー:ASUS

【レビューまとめ】ZenFone 2 Laserの評価!レーザーオートフォーカスで暗所でも高速? ASUS ZenFone 2 Laserのレビューまとめ!カメラのフォーカスシステムにレーザーオートフォーカスを採用したこの5インチSIMフリースマートフォン、みんなの評価はいかがなものなのでしょうか?



公式ページ

ASUS ZenFone 2 Laser (ZE500KL)の公式ページ ZenFone 2 Laser (ZE500KL)の技術仕様などはASUS公式ページを参照してください。

動画

動画はたくさんあるようなのでYouTubeの検索結果を貼っておきますね。

市場価格

30,000円くらいで売られているようです。

発売前のレビュー

ZenFone 2 Laserは、「ZenFone 5」の後継機種にあたるスマートフォン。ZenFone 5から、CPUをQualcommのSnapdragon 410(ZenFone 5は同400)に、背面カメラが1,300万画素(同800万画素)、前面カメラが500万画素(同200万画素)へ変更されるなどの性能向上が計られている。

背面カメラはデュアルカラーLEDフラッシュ、瞬時に焦点を合わせられるレーザーオートフォーカスを新たに搭載。ディスプレイは、Gorilla Glass 4と液晶と保護ガラスの空気層を除去した「フルラミネーションディスプレイ」の採用により、透過性、タッチレスポンスが向上したという。またバッテリ容量も2,400mAh(同2,100mAh)へ増強された。

ASUS公式プレスリリースを要約した記事。

レーザーオートフォーカスとは・・・

レーザーオートフォーカス(レーザーAF)とは、デジタルカメラのピント合わせの方式の1つです。撮影したい物体に、レーザー光線を当てて、その反射の状況を検知して対象までの距離を測り、写真のピントを合わせます。

このレーザーAFのメリットとしては、ピント合わせの高速化、特に周りの明かりが暗いときでもピント合わせの精度が落ちず、素早く焦点を合わせられます。

レーザーオートフォーカスを採用したその他のスマートフォンとしてはLG isai vivid LGV32などがあります。

企業のレビュー

まずはZenFone 2 LaserとZenFone 2の外観を比べてみよう。サイズやカラーバリエーションこそ異なるものの、両機種の基本的なデザインはそっくりだ。違いがあるのは背面で、ZenFone 2 Laserはヘアライン加工が施されておらず、カメラの隣に、微弱なレーザー光をオートフォーカスの補助光として利用する「レーザーAF」が追加されている。

実際にオートフォーカスの速度を比較したところ、日中の屋外や明るい室内では目立った違いは見られなかったが、照明を落として薄暗くした室内では顕著な違いが見られた。以下の動画は、暗い室内でオートフォーカスが動作する様子を撮影したものだ。レーザーAF付きのZenFone 2 Laser(右)ではオートフォーカスが機能しているが、ZenFone 2(左)では焦点が合わない

日経のレビュー。全5ページ。ZenFone 2との比較を中心とした内容。外観・技術仕様、ベンチマークテスト、カメラ撮影、レーザーオートフォーカス、ZenUI、片手モード、スリープ解除のZenMotion、自動起動マネージャーなど。

個人のレビュー

付属品は、ユーザーマニュアル、製品保証書、その他のアップデートやコールセンターに関してのペラ紙、シリアルとIMEIが記載されたシール、microUSBケーブル、ACアダプタ、イヤホン、イヤーピース (イヤーチップ)、本体となります。

特に気になることではないかもしれませんが、ZenFoneシリーズは、筐体の作りが雑(扱いが雑?)と感じる部分が多いです。私の場合、ZenFone 5を2台、ZenFone 2、ZenFone 2 Laserと購入していますが、購入直後の状態で、どの端末にも線キズなどがありました。

箱・本体・付属品写真、HUAWEI P8liteとZTE Blade S(g03)との比較写真など。他複数ページ(ASUS ZenFone 2 Laser(ZE500KL) アーカイブ - SIMフリー遊びSIMフリー遊び)にアプリやGPS、ベンチマークテストなどがある。このサイトが最も詳しくわかりやすい。

同じ5インチディスプレイを搭載したZenFone 5と並べて比較をしていました。 (左:ZenFone 5、右:ZenFone 2 Laser)同じ大きさのディスプレイでありながらベゼル部分を狭くすることで本体サイズが一回り小さくなっていることがわかります。特に長さが短くなっています。

注意点として、スロット1を使わないでスロット2だけにSIMを入れて利用することは出来ない仕様となっています。 スロット2の方がSIMを入れやすかったのでスロット1にSIMを入れずに設定を試みて、カードの認識はできるのですが....APNの設定を行うことができません。2枚のSIMカードを入れる方は問題はありませんが、1枚のSIMだけで利用する方は注意しましょう!

一世代前の製品となる?同じ5インチのZenFone 5との比較レビュー。ZenFone 2 LaserのSIMカードスロットの注意点として、スロット2の方が入れやすいからと言ってスロット1を空けておくことはできないようです。その他の内容は、開け難い裏豚の開け方など。

今回のカメラで私が大変嬉しかったこと。それは、シャッター音が嫌がらせかと思うくらい大きく耳障りだったZenFone 5と比べ、常識の範囲内の音量と音に変わっていた、ということです。

ZenFone 2 Laserのカメラのレビュー。高解像度写真5枚ほど。シャッター音の音量がZenFone 5から常識の範囲にまで小さくなったようです。

クチコミなどのレビュー

2015年8月17日 コスパ良好、ただし2点ほど

液晶はHDですがクリアで非常に見やすく目が疲れません。ただ真夏晴天の屋外では輝度最大にしてもやや見えづらく、またホームボタン類にバックライトが無いので真っ暗な状態では手さぐりになります。

本体の作りはいまひとつ。まずタッチパネルと本体の間に0.1mmほどの隙間がありホコリが詰まります。手脂の多い人は恐らくここに脂が溜まってしまうでしょう。そして他の方も書かれていますが裏蓋が非常に固く開けづらいです。

2015年9月16日 僅か3週間で故障

突然画面が落ち、本体が高温になる事象が発生しました。落下水没歴は一度もないので、完全な自然故障。バッテリー外して、再度取り付けると電源入れる操作もしていないのに本体が急激に高温になる。

メーカーに送り返したが、こちらから連絡入れない限り不具合品の到着の連絡もなく、途中の修理状況の確認もユーザー側はできない。フォローしたら基盤不良でしたとの報告はあったが14日経ったら初期不良扱いではないとかで、こんな状況でも交換には応じてくれないらしい。その連絡から5日間経過してもが未だに戻ってこないし状況報告もない。

2015年9月21日 いい

電池の持ちと画面のクリアさのレベルが高いと感じました。インチサイズも少し大きいはずなのにまったくそれを感じさせられませんでした。そして軽いので手も疲れにいですね。

2015年9月23日 内蔵ストレージのシステム占有

初期設定では16GBの内蔵ストレージ容量に対してシステムが13GBも占有しているので、アプリやファイルに実質3GBしか使えません。購入後に初期化すれば、13GBのシステム占有が5GBに自動で変更できます。そのほかの機能や使い勝手、コスパなどについてはまったく不満はありません。

Amazonのユーザーレビュー。細かいところで不満を持つ人もいますが、ほとんど高評価でした。ZenFoneシリーズは丸みを帯びた筐体の持ちやすさに定評があるようですね。

まとめ

ZenFone 2 Laserのレビューをまとめます・・・。

ディスプレイ 5インチ/720x1280/TN?
輝度が暗い?
筐体 画面と本体の間に1mmの隙間?
最初から傷がついていた?
カメラ 前面 500万画素/背面 1300万画素 f/2.0
レーザーオートフォーカスで暗所でも高速かつ正確
裏蓋 硬くて開けにくい

ZenFone 2 Laserの評価:
問題らしいものはほとんど無く、評価は高めです。ZenFone 2 Laserのレビューまとめでした。