【レビュー】Microsoft Sculpt Ergonomic Mouseは人体工学を極めたマウス!?

カテゴリ:マウス メーカー:Microsoft

【レビュー】Microsoft Sculpt Ergonomic Mouseは人体工学を極めたマウス!? Microsoft Sculpt Ergonomic Mouseの購入レビュー!人体工学を極めたエルゴノミクスデザインにより、手の平や手首、腕の疲れや痛みを軽減すると言うこのエルゴノミックマウス、操作性はいかがなものなのでしょうか?



公式ページ

Microsoft Sculpt Ergonomic Mouseの公式ページ Sculpt Ergonomic Mouseの概要はMicrosoft公式ページを参照してください。

購入金額

2827円で購入しました。

ここからレビュー

Sculpt Ergonomic Mouseのレビュー開始♪ ここからSculpt Ergonomic Mouseのレビューをはじめます。

Sculpt Ergonomic Mouseの箱 Sculpt Ergonomic Mouse 箱の表と裏。人体工学形状で手首が疲れにくい。センサーはブルートラックで幅広い材質の上でも使える。サイドボタンにWindowsボタンとカスタマイズ可能な戻るボタンがある。発売当時は存在しなかったOSのWindows 10にも対応。

Sculpt Ergonomic Mouse ぱかっ。

Sculpt Ergonomic Mouse 中身はSculpt Ergonomic Mouse本体と使用説明書と保証書と何かの番号が書かれた紙です。

Sculpt Ergonomic Mouseのレビュー Sculpt Ergonomic Mouse Sculpt Ergonomic Mouse Sculpt Ergonomic Mouse Sculpt Ergonomic Mouseのレビューを続けます・・・。

Sculpt Ergonomic Mouseのマウスソール 底面。マウスソールの配置はありそうでなかったような感じですね。いえ、私が知らないだけですでにあったかも知れませんが・・・。

Sculpt Ergonomic Mouse 蓋を外しました。

Sculpt Ergonomic Mouseの蓋 蓋はマグネット式なので付け外しが楽で良いです。

Sculpt Ergonomic MouseのUSBレシーバー USBレシーバー。ノートPCやタブレットPCではBluetoothが当たり前になっていますので、このマウスを使うならデスクトップPCと言うことになるかと思いますが、それなら極小サイズよりある程度の大きさがあった方が通信が安定して良いと思います。

Sculpt Ergonomic MouseSculpt Ergonomic Mouse USBレシーバーはマウスの中に収容できます。

Sculpt Ergonomic Mouseの電池室 電池室です。電池は単三を2本。

操作性は・・・

Sculpt Ergonomic Mouseの操作性 手をのせてみて感じるのは、思っていたよりも傾斜がゆるいと言うこと。45度くらいの傾斜は、60度くらいでも良いと思う。それから親指のくぼみは要らない。親指を少し曲げる、小指に向かって落とし込むと言う行為が、どう考えても不自然。

この親指の部分と薬指・小指の部分の材質はゴムっぽいものになっているがその必要はあったのだろうか?ゴムであれば操作の精度が上がるかと言えばそうでもないし。ツルツルの方が手垢がたまりにくく、かつ掃除しやすくて良かった。それから使い始めはゴムの匂いが手に移る。

マウスのクリック音はプコッと言うにぶい感じで、カチッと言う軽快な音ではない。これは静かで良い。ホイールの回りはMicrosoftのマウスによくあるゴロロロッと鈍くひっかかる感じ。ホイールのチルトはカチッと軽快な音がする。チルト>中央クリック>左右クリックの順で音が鈍くなっている。

センサーの精度は悪くない。木の机の上でも問題なく使えている。電波の伝達も問題ないと感じる。電池が単三2本と言うことで重いが、マウスソールの滑りは良い。

Sculpt Ergonomic Mouseのサイドボタン サイドボタンのWindowsボタンはWin7ではほぼ全く使わない。戻るボタンはブラウザのお気に入り呼び出し(Ctrl+B)にしているが、やはりここにもう4個くらい欲しい。戻る・進む・タブを閉じる・タブを開く。この4つがあればブラウザの操作などがとても捗る。