【レビューまとめ】FLEAZ POPの評価!アプデでバッテリーが改善?タッチパネルが微妙?

カテゴリ:スマートフォン メーカー:Covia

【レビューまとめ】FLEAZ POPの評価!アプデでバッテリーが改善?タッチパネルが微妙? Covia FLEAZ POPのレビューまとめ!前機種となる(?)FLEAZ F4sからカメラなどが性能アップし、さらにFLEAZブランドとして初めてLTEに対応したこのSIMフリースマートフォン、みんなの評価はいかがなものなのでしょうか?



公式ページ

Covia FLEAZ POPの公式ページ FLEAZ POPのスペックなどはCovia公式ページを参照してください。

動画

動画はほとんどないようですがYouTubeの検索結果を貼っておきますね。

市場価格

15000円くらいで売ってるみたいです。

アップデート

「FLEAZ POP」を快適にご利用いただくため、最新ファームウェアをご用意しております。

【更新開始日】
2015年9月25日

【修正内容】
(1)Antutu CPUスコアの改善
(2)Kindle起動不能の修正

ベンチマークアプリと電子書籍アプリの動作についてのアップデートが行なわれました。

個人のレビュー

同梱物は最小限でイヤホンなども同梱されていません。簡易的な保護フィルムは同梱されているので、とりあえずすぐ利用開始できます。ACアダプタは小型な5V/1Aのものが同梱されていました。今回POPに搭載されている急速充電2を行うには、別途QC2.0対応品を用意する必要があります。

CPUが同じMSM8916のVAIOスマホやgo02が20000~21500程度であるのに対し、18065とやや低い結果になっています。 ...中略... 総合スコアは個々のテスト結果の積算ですが、FLEAZ POPだけはDalvikの値が異様に低い(136)ことに気がつきました。これは他機種では2400程度なので、この差がそのまま総合スコアの2000点差につながっています。

Dalvikと言えばAndoid 4以前の標準JVMですが、Android5以降はARTに変更されています。このため実際の性能には影響のないテストかもしれませんが、FLEAZ POPだけ低いので、今後のバージョンアップ時の改善を望みます。

詳細なレビュー。Antutuベンチマークテストでのスコア不良問題はアップデートで解消されています。内容は、1つ目の記事が箱・本体・付属品写真、SIMスロット、Quick Charge 2.0対応ACアダプターの互換性などで、2つ目の記事が設定・電子コンパスなどのアプリ・ベンチマークテストのスクリーンショットなど。

SIMタイプは、microでスロット数1です。もともとデュアル端末なのでしょう。もう一つのSIMスロットらしき部分は埋められていました。

スマホが出始めた頃の端末に大きさや軽さが似ています。Xperia Z3 compactとの比較です。サイズ感は、Xperia Z3 Compactと似ていますが、影響のサイズは四インチ、800×480しか表示できません。が、それほど気になりません。

こちらも似たような内容ですがXperia Zシリーズとの比較があります。箱・本体・付属品写真、FLEAZ POPとXperia Z3との比較写真、起動画面や設定画面のスクリーンショット、Z3とZ2 Tabletとのカメラ比較テスト、ベンチマークテストなど。

「FLEAZ F4sと外観を比較」 どちらも4インチディスプレイなのでほとんど同じ大きさですね。全体的に丸みを帯びていたF4sと比べると、POPの方が若干スマートに見える気がします。

そう言えばF4sは裏蓋がすごく固くて取り外しにくいという難点もありましたが今回は改善した模様。爪をかけるところは小さくなっていますが結構外しやすいです。

FLEAZ F4sとの比較レビュー。本体やカメラの差異など。

大きさは、見てわかるように、ASUS zenfone5 > covia FLEAZ POP > polaroid piguの順。

POP片手にお散歩してきましたので、外でもパシャッと。

簡単なレビュー。1つ目の記事の内容が流行の大画面スマートフォンとの比較写真などで、2つ目がカメラの撮影テストなど。

わるいところ:

 ・発熱
   →プロセッサ付近の発熱
    カイロみたい

カメラ付近のシールっぽいのが放熱シート

カメラ付近が熱くなるとのことです。裏蓋が熱伝導率が悪いプラスティックであることも関係あるかも知れません。まあこれから寒くなるので大丈夫でしょう・・・。

クチコミなどのレビュー

2015年9月11日

・他の方も言われているように電池の減りが早いです。電池の消費と関係しているか分かりませんが、しばらく使っていると裏面(カメラの下辺り)が暑くなってきます。ただ、逆に充電の時間も短いです。急速充電でなくても15%から100%まで1時間程度だったと思います。

GPSの測位が遅い。現在地を特定するのに5~10分掛かりました。しかもGPSをONにすると電池が10分で10%位消費します

2015年9月13日

タッチパネルのフチの部分にクセがあり、フリック入力などで最下段の下向き操作などをした場合画面外判定となりタップ選択時の文字が入ってしまう事があります。おそらく画面サイズとタッチパネルサイズが完全一致しており判定がシビアになっているものと思われる。google日本語入力なら設定で感度を上げて対策出来ますが、慣れが必要な部分となります。

2015年9月16日

priori2 3gからの乗り換え
文字入力や動作のキビキビ感はpriori2の方が上だが音楽プレイヤーなどを使う私としてはpriori2のあまりに小さいボリュームと貧相な音質は非常に不満があった。その点こちらの機種(FLEAZ POP)は音質ボリューム共に不満はない

2015年9月16日

当初バッテリーの持ちが悪く頭痛のたねでしたが9月25日のフォームアップにより劇的に持ちが良くなった

2015年9月23日

F4sからの買い換えです。F4sで不満だったのは、カメラ、バッテリー、動作の遅さでした。カメラの性能はアップしました。バッテリーはちょっとアップか?何より動作が速くなったので満足してます。

2015年9月30日

昨日商品到着し、早速最新ファームウェアにアップデートしました。バッテリーですが、wifi、bluetooth、network on、画面輝度最小より少し明るめ、スリープ15秒、時々閲覧、車での通勤(電話をbluetooth接続)という使い方で、午前8時に満充電100%でスタートして、7時間20分後の15時20分では、残りは69%・約17時間、明日午前8時頃まで持つと出ていますので、持続時間は約24時間ということになります。

Amazonのカスタマーレビュー。アップデートで電池消耗が改善したとありますが、タッチパネルについてはわかりません。

まとめ

FLEAZ POPのレビューをまとめます・・・。

ディスプレイ 4インチ/480×800/IPS
タッチパネル ふちで精度が悪い?
寸法/重量 124x62.5x10.2mm/107g
カメラ 背面500万画素/前面30万画素
電池 1500mAh
消耗が早い(アップデートで改善済み?)
OS Androie 5.1
プロセッサー Qualcomm Snapdragon 410 MSM8916(1.2GHz, 4core)
メモリー 1GB
ストレージ 8GB
SDカードスロット microSDHC
SIMスロット microSIM
ネットワーク W-CDMA(2100/800MHz)Band 1、6
FDD-LTE(2100/1800/800MHz)
Band 1、3、19
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0 Smart
GPS 精度が悪い?起動が遅い?
ベンチマークテスト 同じプロセッサのスマホより低い(アップデートで改善済み)

FLEAZ POPの評価:
FLEAZ F4sからカメラなどが進化してて良いですね!FLEAZ POPのレビューまとめでした!