【レビューまとめ】AQUOS SERIE SHV32のみんなの評価は??

カテゴリ:スマートフォン メーカー:SHARP(シャープ) ブランド:AQUOS

【レビューまとめ】AQUOS SERIE SHV32のみんなの評価は?? SHARPのAQUOS SERIE SHV32のレビューまとめ!AQUOS ZETA SH-03Gとほぼ同じ性能で画面サイズが0.5インチ小さいこととバッテリー容量が400mAh少ないことくらいしか差が見当たらないこのスマートフォン、みんなの評価はいかがなものなのでしょうか?



公式ページ

AQUOS SERIE SHV32の公式ページ AQUOS SERIE SHV32のスペックなどはSHARP公式ページを参照してください。

AQUOS SERIE SHV32のau公式ページはこちら。

動画

動画はまだ少ないようですがYouTubeの検索結果を貼っておきますね。

アップデート

以下の事象が改善されます。

電源が再起動する場合があります。

発売から約1週間後に、勝手に再起動する不具合が修正されたようです。ちなみにこの再起動の直前にフリーズすることが多かったようですが、フリーズの発生そのものが解消されたのかはわかりません。

以下の事象が改善されます。

PCメールが強制終了する場合があります。
設定と異なる着信音が鳴動する場合があります。
Wi-Fi安定制御機能(注1)の不具合により、フリーズする場合があります。
注1)Wi-Fi安定制御機能:Wi-Fiの電波が安定しているときにWi-Fi通信する機能となります。

数多くの致命的なバグが報告されていたAQUOS SERIE SHV32ですが、そのうちのいくつかが修正されたようです。

発売前のレビュー

AQUOS SERIEは、シャープのスマートフォンではおなじみのIGZO液晶ディスプレイや、3辺狭額縁の「EDGEST」スタイルを採用したモデル。ディスプレイはフルHD(1080×1920ピクセル)表示対応の5型で、新開発のバックライトとカラーフィルターの「S-Pure LED」により、光の3原色の再現性がさらに向上した。

ボディカラーはホワイト、グリーン、ピンクの3色で、背面をフラットな形状に仕上げた。ホワイトとピンクは全面パネルにも色を付けたほか、3色ともフレームと背面に異なる色を用いたツートンカラーにしている。4隅の角をそぎ落とし、握りやすさにもこだわった。

KDDIの発表会にて展示品の写真など。数字が1つ前のAQUOS SERIE mini SHV31は4.5インチとコンパクトでしたが、AQUOS SERIE SHV32ではminiではなくなっています。またボディの形状は丸みを帯びたラウンドから平らなフラットになっていますが、角は削ぎ落とされているので角ばってはいません。

スマートフォンが語りかけてくる「エモパー」は、バージョン 2.0に進化。これまでは自宅でのみ利用可能だったが、イヤホンを使用すれば外出先でもエモパーが語りかけてくるようになった。たとえば、電車でいつも降りる駅を教えてくれたり、知らない街でご当地情報を知らせてくれたりする。

また、気になるキーワードをあらかじめ登録しておくことで、関連するテレビ番組やニュースの話題をエモパーが話しかけてくるようになる。「もう一回」「ほかには?」といったユーザーの問いかけに反応する機能も追加されている。

同じく発表会にて展示品の写真など。ヴァージョンアップしたエモパー 2.0では双方向の意思疎通ができるようになったようですね。

カメラには最新の「ハイスピードCMOSイメージセンサー」を採用。FWVGAで秒間210枚、フルHDで秒間120枚のハイスピード撮影が可能で、肉眼ではとらえられない一瞬をとらえることができる。さらに動きの大きい部分を自動的に抽出して、世界最高の秒間2,100枚(FWVGAサイズ)に変換、通常の1/70のスピードでスロー再生できる「フレーム補完技術」を搭載。1コマ1コマの間に最大で10倍分のコマ(フレーム)を補間、なめらかな映像に加工して再生できる。

このほか、タイムラプス(微速度撮影)など多彩な撮影モードにも対応。なお本端末は、リコーのカメラGRシリーズの開発メンバーによる画質改善認証プログラム「GR Certified」認定を取得している。大きく引き伸ばして印刷しても画質の鮮明さが保たれるため、デジタルカメラの代わりとしても便利に活用できるだろう。

こちらも同じ内容。カメラにはAQUOS ZETA SH-03Gでも採用された210fpsのハイスピードカメラ+2100fpsを実現するフレーム補間+GR Certifiedで性能の高さを主張。

AQUOS Watch+のレビュー。公式ページの画像を流用して機能の解説をしたような、ほぼ宣伝に等しい内容。

企業のレビュー

ITmediaのレビュー。 内容は、グリーンの本体写真、「エコ技」、「画質モード」、カメラについて(ハイスピード撮影+スロー再生+静止画+フレーミングアドバイザー)、エモパー 2.0、「グリップマジック」、日本語入力システム「S-Shoin」、VoLTEを利用したシンク機能など。

クチコミなどのレビュー

ゲームしたり動画撮ったりと発熱状態でベンチマーク取ってみました。確かに下がってますね。

温度が低い時と高い時両方のベンチマークテスト結果のスクリーンショットがあります。

普段使いで、重くなるようなことは一切してないのですが、ブラウザなどでよくフリーズします。ブラウザに限らずアプリ起動してすぐフリーズが多々あります。フリーズして1~2分くらいでホーム画面になるか、勝手に再起動になっても、そこでも固まる感じです。

今日、ソフトウェアが更新されたようです。更新後はフリーズの症状は出てません、とりあえず。

フリーズは別の掲示板でも多く報告されていました。アップデート後は発生していないとも言われていますが・・・。

6月15日にSHL25からSHL32に機種変更しました
不具合は4G&Wi-Fiの接続不良
アプリの不具合
メール受信不可能&送信不可能
圏外になったり等々
あげたらきりがないほど不具合のオンパレードでした
でも電話はできる←何でかな?

これらの不具合のいくつかはこの後配信されたアップデートの修正内容にあてはまります。

あくまでのショップの店員さんの話ですが この機種はIGZOが上手く働いていなくて 電池持ちが悪いそうです。 性能が上がったことも影響しているらしですが…。

SHARPの売りのIGZOは消費電力の低さ優位性とされていますが、それが機能していないとしたら皮肉な話しですね。

まとめ

AQUOS SERIE SHV32のレビューをまとめます・・・。

ディスプレイ 5インチ/1080x1920/IGZO
IGZOが正常に機能していないため消費電力が抑えられていない?
バックライト
&
カラーフィルター
S-PureLED
サイズ/重量 70×132×9.6mm/134g
ボディデザイン 背面フラット+4角ラウンド
OS Android 5.0
CPU Snapdragon 810 MSM8994 (2.0GHz x4+1.5GHz x4)
メモリー RAM 3GB/ROM 32GB
カメラ GR certified
光学式手振れ補正
F1.9
タイムラプス
210fpsハイスピード撮影
2100fpsスーパースロー再生
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac
LTE VoLTE, LTE-Advanced
バッテリー 2600mAh
省電力機能 エコ技+液晶アイドリングストップ
日本語入力 S-Shoin
スリープ解除 グリップマジック
AI エモパー2.0~
バグ・不具合 勝手に再起動される→修正済み
PCメールが強制終了する→修正済み
設定と異なる着信音が鳴動する→修正済み
Wi-Fi安定制御機能の不具合により、フリーズする→修正済み

AQUOS SERIE SHV32の評価:
たくさんあったバグがアップデートでほとんど修正されたようですが、その後の評価が気になりますね。引き続き、AQUOS SERIE SHV32のレビューを発見次第また載せていきます!