【レビューまとめ】AQUOS ZETA SH-03Gは世界最高2100fpsスーパースロー再生!?

カテゴリ:スマートフォン メーカー:SHARP(シャープ) ブランド:AQUOS

【レビューまとめ】AQUOS ZETA SH-03Gは世界最高2100fpsスーパースロー再生!? SHARPのAQUOS ZETA SH-03Gのレビューまとめ!新開発のバックライト&カラーフィルタ「S-PureLED」により光の三原色すべての色の再現性をさらに向上させ、210fpsのハイスピードカメラと10倍フレーム補間で2100fpsのスーパースロー再生を実現したこのスマートフォン、みんなの評価はいかがなものなのでしょうか?



公式ページ

AQUOS ZETA SH-03Gの公式ページ AQUOS ZETA SH-03GのスペックなどはSHARP公式ページを参照してください。

AQUOS ZETA SH-03GのNTTドコモ公式ページはこちら。

動画

動画はあまり無いようですがYouTubeの検索結果を貼っておきますね。

アップデート

改善される事象

・ホーム切替にてGoogle Now ランチャー設定時、まれに再起動する場合がある。
・特定のアプリにおいて、通知音設定の変更が反映されず、初期設定の通知音が鳴る場合がある。

いくつかのバグが修正されています。

発売前のレビュー

NTTドコモから発表された「AQUOS ZETA SH-03G」は、AQUOSシリーズのフラッグシップモデルに位置付けられるシャープ製のAndroidスマートフォン。

新開発のカラーフィルター&バックライト「S-PureLED」を搭載した、5.5インチのIGZO液晶ディスプレイを搭載。3辺が狭額縁設計となる「EDGEST」デザインを採用している。側面にはメタルフレームが採用されているほか、手に持つ下側部分にはイルミネーションも内蔵されている。イルミネーションは、着信時や通知時、充電開始時などに点灯する仕組みで、端末の本体設定からパターンなどを変更できる。

NTTドコモの発表会にて展示品の写真など。

前モデルのAQUOS ZETA SH-01Gで初めて「エモパー」機能を搭載したが、新モデルではこのエモパー機能が進化し、今までよりもバラエティのある会話を楽しむことができるようになっている。

指紋認証機能を新たに搭載。セキュリティ面で進化した。この指紋認証では単にログインに使うだけでなく、決済でも使うことができるため、よりセキュリティが高く使うことができる。

カメラ機能は相変わらず、さまざまな撮影モードを用意しており、ビギナーにも扱いやすい。ビデオ撮影も4K動画撮影に対応するほか、今回は秒間2,100枚のスーパースロー映像に対応した。

こちらも同じ発表会にて。エモパー+カメラの操作画面の写真など。

スマートフォンの性能に大きな影響を与えるCPUには、最新世代のオクタコア「Snapdragon 810 MSM8994」が搭載されている。RAMは3GBの大容量RAMタイプで、ストレージ容量は32GBだ。このCPUは、熱処理に問題があるとされており、搭載する海外モデルの中には、持ち続けることができないほどの熱を持つ製品も存在する。しかし、本機は発熱処理がかなりうまいようで、ベンチマークアプリをまわし続けても、ボディ表面から感じられる熱はさほど高くなかった。

価格ドットコムマガジンのレビュー。発売前日の記事。内容は、S-PureLED+IGZOのディスプレイ、本体写真、Android 5.0のUI、FIDO 1.0準拠の指紋認証センサー、210fpsのハイスピード撮影に対応するカメラ、10枚のフレーム補間で2100fpsを実現するスーパースロー再生、バッテリー、NTTドコモのキャリアアグリゲーションサービス「PREMIUM 4G」など。

企業のレビュー

ITmediaのレビュー。 発売当日の記事。内容は、側面のメタルフレーム+イルミネーションLEDなどに注目した本体写真、カメラの撮影テスト、スーパースロー再生関連の画面、ヴァージョンアップしたエモパー2.0+その設定画面、指紋認証センサー、日本語入力システム「S-Shoin」など。

シャープが今夏投入する新しいAQUOSスマートフォン「AQUOS ZETA SH-03G」「AQUOS SERIE SHV32」「AQUOS Xx」の3モデルは、リコー「GRシリーズ」開発メンバーによる画質改善認証プログラム「GR certified」を取得し、F値が1.9の明るいレンズを採用するなど、こだわりの画質が大きな見どころだ。果たしてその実力はどれほどのものか。さまざまなシーンで撮影をしてみた。

同じサイトから。同時期に発売されたAQUOSブランドの、全く同じであろうカメラが搭載されているスマートフォンらの撮影テスト。

AQUOS Watch+のレビュー。 こちらも発売当日の記事。公式ページの写真を流用するなどほぼ完全に宣伝。

マイナビのレビュー。エモパー「ももこ」との5日間の体験日記・・・。

個人のレビュー

箱・本体写真、カメラモード、画面縮小モード、グリップマジックやイルミネーションなどの細かい設定、AQUOS PHONE ZETA SH-06Eとの比較写真+ベンチマークテスト結果比較、電池の消耗についてなど。

AQUOS PHONE SERIE SHL21から機種変更した人のレビュー。他2ページにスロー録画再生を試した時の記事がある。

Snapdragon 810搭載端末はまだあまり色々触っていないので確かではありませんが、WQHDのHTV31と比べると使用時の電池の減りは穏やかに感じます。発熱もそう多くは感じないですね。S810端末の中では「当たり」の部類に入るのではないでしょうか。

SHARPのスマートフォンは発熱の管理方針が低い温度を維持する向きにあるらしく、このAQUOS ZETA SH-03Gも、発熱問題がささやかれるSnapdragon 810でもあまり温度が高くならないようにできているものの、その分、性能に制限がかかりやすくなっていて、他の同じCPUを搭載する製品に比べてベンチマークテストではスコアが上がらないようです。記事の内容は、本体写真、カメラの撮影テスト(1枚)、ナビバーやフォント、ステータスバーについて、電池の消耗についてなど。

まとめ

AQUOS ZETA SH-03Gのレビューをまとめます・・・。

価格帯 ハイエンド
サイズ 約141mm×76mm×8.3mm(最厚部:約9.0mm)
重量 150g
ボディデザイン EDGEST
HEXA GRIP SHAPE
イルミネーション
メタルフレーム
ディスプレイ 5.5インチ/1080x1920/IGZO
バックライト
&
カラーフィルター
S-PureLED
OS Android 5.0
CPU Snapdragon 810 MSM8994 (2.0GHz ×4+1.5GHz ×4)
ベンチマークテスト中でも温度は上がりきらない一方で、性能に制限がかかりやすい?
メモリー RAM 3GB/ROM 32GB
カメラ GR certified
光学式手振れ補正
F1.9
タイムラプス
210fpsハイスピード撮影
2100fpsスーパースロー再生
4K動画
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac
LTE VoLTE, LTE-Advanced
バッテリー 3000mAh
セキュリティ 指紋認証センサー
日本語入力システム S-Shoin
AI エモパー2.0~

AQUOS ZETA SH-03Gの評価:
AQUOS ZETA SH-03Gのレビューを発見次第追加していきます!