【レビューまとめ】WindowsスマホMADOSMA Q501の評価は?

カテゴリ:スマートフォン メーカー:マウスコンピューター

【レビューまとめ】WindowsスマホMADOSMA Q501の評価は? マウスコンピューターのMADOSMAのレビューまとめ!OSにWindows Phone 8.1 Updateを採用し、Windows 10へのアップグレードにも対応したこのSIMフリースマートフォン、みんなの評価はいかがなものなのでしょうか?



公式ページ

MADOSMA Q501の公式ページ MADOSMA Q501のスペックなどはマウスコンピューター公式ページを参照してください。

動画

動画はたくさんあるようなのでYouTubeの検索結果を貼っておきますね。

発表時+発表会のレビュー

主な仕様は、搭載OSがWindows Phone 8.1 Update。ディスプレイは約5インチ、1280×720ドットのIPS液晶。チップセットはクアルコムのSnapdragon 410「MSM8916」で、1.2GHzのクアッドコア。メモリ(RAM)は1GB、ストレージは8GB。microSDカードを利用でき、16GBのmicroSDカードが同梱される。

メインカメラは800万画素、インカメラは200万画素。Wi-FiはIEEE802.11b/g/nで、Bluetooth 4.0、GPS、A-GPS、加速度センサー、電子コンパス、近接センサー、光センサーを搭載する。

バッテリー容量は2300mAhで、取り外しが可能。SIMカードのサイズはmicroSIMカード。

マウスコンピューターのニュースリリースを要約した記事。スペックはミドルレンジのスマホと似たような感じで、LTEには対応しているものの、IEEE802.11acには対応していないなど、微妙な感じですね。

なんだこのゴミスペック

メモリ少なすぎやしませんか?

(RAM)は1GB
・・・いらないかな?

iPhone6と同じだぞ
windows phoneは半分の512mでもサクサクだったし大丈夫だろ

そもそも無駄がないからメモリ1GBで十分
Androidがクソ設計なんだよ

androidが糞なのではなくて、
日本のキャリアが余計に入れ込むソフトが糞なんだよ
カスタムOS入れたら快適になるandroidが如何に多いか

アプリが少ないよ
増えそうにもない
有名どころは割と揃ってるけどもゲームやカメラやりたいなら向かない

確か、windows phoneってアンドロイドアプリ互換計画あるんだろ。
買いだな。

6インチで横スライドキーボードでさくさく文字打てるなら買う

メモリ容量が十分かどうかは、アプリによって変わってくるでしょうね。まあ1GBのタブレットでも問題ない機種が多いので、多分大丈夫でしょう。

MADOSMAは中国で製造しており、外観が同じベースモデルは存在するが、「基板は新たに作っているので、中身は違う。またWindows向けのコンポーネントを変えている」。

 

会場に展示されていたデモ機のOSはWindows 10 Mobileが仮の状態でセットされていたが、発売当初はWindows Phone 8.1 Updateの状態で出荷され、後ほどWindows 10 Mobileへアップデートする形になるとのこと。

Microsoftの開発者向けイベント「de:code 2015」にて。基板は別とのことですが新たに設計したのかただ中身が違うだけなのか、つまりOEMなのかODMなのかはわかりません。いずれにしてもBTOパソコン販売会社であり、かつスマートフォン市場へは新規参入となるマウスコンピューターとしては、当然の成り行きと言えばそうでしょう。内容は、本体写真、Windows 10 MobileのUI、iPhone 6との比較写真など。

株式会社マウスコンピューターは2日、同社初のWindows Phone端末「MADOSMA」を同日より予約開始し、18日より発売すると発表した。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3万円前後となる。

かつて国内では、富士通東芝製の「Windows Phone IS12T」が発売されたが、すでに終息しており、現時点で国内での発売が決まっているWindows Phone端末はこのMADOSMAのみとなる。

製品の仕様や販売戦略について開発者とのインタビュー。箱、背面カバー、液晶画面保護フィルム、本体外観、基板や電池などの内部写真、少なめと訴えられている1GBのメモリーについて、今後のWindows Phoneのラインナップ拡充についてなど。

こちらは開発経緯についてのインタビュー。

発売直前の製品説明会にて。法人向けの黒色モデルと特別仕様のバックカバーの写真がある。

発売前のレビュー

ハードキーでホームボタン、戻るボタン、検索ボタンを用意している。Windows Phone 8.1ではリファレンス仕様が緩和され、Androidのようにこういったボタンを画面内の表示にしてもいいとなったが、ハードキーのほうが絶対に使いやすいということで採用している。白色LEDで光り、視認性も高い。

ASCIIのレビュー。富士通東芝モバイルコミュニケーションズのWindows Phone IS12Tとの比較写真、iPhone 6 Plusとの比較写真がある。他の内容は、UIの基本操作、箱・本体・付属品写真、最初から貼られている保護フィルム、SIMスロットなど。

同じサイトから。ほぼ同じ内容だが、Wi-FiとAPNの設定画面の画像がある。

PC Watchのレビュー。ここが一番詳しい。内容は、スペック、本体・付属品写真、色々な画面のスクリーンショット、カメラの撮影テストなど。

ITmediaのレビュー。筐体の仕様を説明しただけの内容だが、比較的写真が見やすくわかりやすい。

企業のレビュー

アップデート完了後、設定・情報を見るとWindows Phone 8.1 Update 2になっています。Update 2はバグフィクスだけでなく、いろいろと機能拡張されています。Bluetooth系では、aptX対応(中央のBluetoothスピーカーはSBC接続で青色に、AACまたはaptX接続で紫色に光ります)、またキーボードのみですがHIDにも対応しました。

発売日前日にOSのアップデートが告知され、購入後にWindows Phone 8.1 Update 2にアップデートできるようになりました。記事の内容は、初期設定画面+アップデート後のスクリーンショットなど。他2ページに似たようなスクリーンショットを載せた記事がある。

プリインストールの地図アプリ「Bing Maps」は、日本国内の地図データがなく、PC版のBing Mapsには現状では遠く及ばない。この点はマウスコンピューターも深く認識しているようで、対応を急いでいる。当面はWebブラウザーを使って各種の地図サービスを使うことになるだろう。

価格ドットコムマガジンのレビュー。地図アプリはMapFanなどをインストールした方がよさそうですね。内容は本体写真、スタート画面やアプリ画面のスクリーンショットなど。

マイナビのレビュー。この低スペックスマートフォンでは比較対象も無いからかあまり出回っていないベンチマークテストのスクリーンショットがある。

Windows Phoneで日本語環境を使う場合の問題の1つに、日本語が中国語用のフォントで表示されてしまう「中華フォント」問題がある。多くは字形が似ているため意味を理解できないほどではないものの、違和感は大きい。

今後、中華フォント問題はOSがWindows 10 Mobileに移行することで解決する可能性がある。Windows Phone 8.1環境における中華フォント問題は、完全には解決しないまま、次世代OSの登場を迎えることになりそうだ。

この問題はソースコードに日本語エンコード指定を1行書くだけ解決できるにも関わらず、ずっと放置されているとのこと。MADOSMAも中国製ですし、アプリ開発者も中国人なんでしょうね・・・。

カメラの操作画面やアルバム機能アプリ「フォト」の画面など。

電子書籍についても状況はほぼ同じで、アプリストアの「電子書籍」を開くと、真っ先に「Amazon Kindle」が目に入るが、これは海外版(Amazon.com)のアプリで、Amazon.co.jpのアカウントではログイン自体が不可能だ。

またKoboのアプリもあり、ログインしてライブラリを表示するところまでは可能だが、テキスト表示は横書き限定、またコミックもページめくりの向きが反対という、典型的な日本語環境非対応の症状を示しており、しかもページをめくるたびに数十秒待たされる。これはアプリの不具合というより、もともと日本語表示を想定していないアプリが、うっかり日本から見えてしまっているというのが、実態に近そうだ。

アプリの数が少ないのは発売されて間も無いからではなく、そもそも日本語環境向けにちゃんと作られていないOSで、たまたま表示できていると言うだけ。こんなもんをよく売りに出しましたね・・・。

個人のレビュー

Windows 8.1のパソコンやタブレットは、「Windowsストア」が利用できます。筆者は今まで、Windows Phoneでも、このWindowsストアを利用できると勘違いしていたのですが、Windows Phoneは、「Windows Phone アプリ+ゲームストア」というストアを利用するようです。そのため、Windowsストアにはあるけど、Windows Phone アプリ+ゲームストアには無いアプリも存在します。

...中略...

Windows Phone は、Explorerが使えると勘違いしていたのですが、これも無いようです。ネットワーク上のNASへアクセスするときにExplorerを起動して「\\~」が使えると思っていたのですが、出来ません。ファイル管理アプリはありますが、これではAndroidやiOSと操作性はあまり変わりません。

Windows Phone 8.1 UpdateとWindows 10 Mobileとでは仕様が大きく異なる可能性が考えられますが、MADOSMAの出荷時のOSでは色々と制限?があるようです。

クチコミなどのレビュー

2015年6月18日

電源ボタンと音量上げボタン同時押しでスクショが撮れる

2015年6月19日

SIMなしの状態ででWi-FiのみでWindowsアップデートをしたのですが、アップデート後、Wi-Fiがオンにならなくなってしまいました。これはSIMを入れる事で解決したのですが...

2015年6月22日

Lumia636と比べてサクサクと動くように感じます。

画面は初期状態だと眩しいので、低にしています。

2015年6月25日

WindowsPhoneに慣れていない人は変に感じるかもしれませんがとても動作が軽くて使いやすいです。

2015年6月25日

マウスコンピューター店舗で購入しました。店員さんに手持ちのAUスマホSOL25を見せてSIM差し替えて使えるか聞いたところ、BAND1に対応してるから大丈夫ですー!使える事は使えますー!との返答を受けて購入しました。

しかし実際の所、AU関係のSIMは通信規格の都合上使えないという事実が判明しました。

2015年6月30日

IPhoneを使っていたためか、メモリ1Gの動作は異様に遅く感じました。また、アプリが大変不足しております。具体的には、マクドナルドのアプリすらなく、個人的に使用していたSleipnirというブラウザアプリも機能が大幅に削減され、使い物になりませんでした。

さらに、個人的に一番残念であったのは地図アプリが何の役にも立たなかった事です。現在地の特定すらも怪しく、目的地に辿り着けませんでした。これは、現代人にとっては致命的ではないでしょうか。

アプリをあまりというかほとんど使わない人には評価が高い一方で、アプリの数が少ないことを知らずに買った人には大変がっかりな代物に感じられるようです。

まとめ

MADOSMA Q501のレビューをまとめます・・・。

価格帯 ミドル/30,000円
OS Windows Phone 8.1 Update (出荷時)
Windows Phone 8.1 Update 2 (アップデートにて)
Windows 10 Mobile (対応)
ディスプレイ 5インチ/720x1280/IPS
最初から保護フィルムが貼られている
明るすぎて眩しい?→ファームウェアアップデートで改善
メモリー RAM 1GB/ROM 8GB
SDカードスロット microSD (64GB)
16GBのmicroSDカードが付属
バッテリー 2300mAh (交換可能)
LTE NTTドコモ回線推奨
au回線は使用不可
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n
SIMスロット microSIM (SIMフリー)
動作は・・・ 軽快
アプリ 数が少ない
デスクトップ版のアプリが使えるとは限らない
地図アプリ「Bing Maps」はデスクトップ版と異なり日本国内のデータがほとんどなく役に立たない
バグ 一部の日本語が中国語用フォントで表示されてしまう

MADOSMA Q501の評価:
MADOSMA Q501のレビューを発見次第追加していきます!