【レビューまとめ】ARROWS M01は50代がターゲットで簡単操作のコンパクトスマホ!?

カテゴリ:スマートフォン メーカー:FUJITSU(富士通)

【レビューまとめ】ARROWS M01は50代がターゲットで簡単操作のコンパクトスマホ!? 富士通のARROWS M01のレビューまとめ!50代をターゲットとし、ガラケーとよく似た操作画面を実現する「シンプルホーム」、大きなアイコン、手書き入力対応など、操作の簡単さやガラケーからの乗り換えやすさにこだわったこのSIMフリースマートフォン、みんなの評価はいかがなものなのでしょうか?



公式ページ

ARROWS M01の公式ページ ARROWS M01のスペックなどは富士通公式ページを参照してください。

動画

動画はたくさんあるようなのでYouTubeの検索結果を貼っておきますね。

イオン、Nifmo、楽天、その他量販店で販売

イオンは都内の店舗で説明会を開催、「イオンスマホ」第4弾の「ARROWS M01」を12月5日に発売すると発表、特徴などを解説した。「ARROWS M01」は50代以上をターゲットにした端末で、音声通話に対応し、LTEのデータ通信容量は月間1GB。

加えて、「ARROWS M01」では専用の充電台をパッケージに同梱する。これは、USB端子に馴染みのない世代をターゲットにしていることや、ケーブルを接続する煩わしさや、向きの間違いを解消するためとしている。

さらに、スマートフォンのホーム画面も、よく使う機能を大きなアイコンのボタンで表示するシンプルなモードを搭載。Androidの標準的なユーザーインターフェイスに切り替えることもできる。

ARROWS M01の販売はイオンモバイルからはじまりました。その後にNifmo、楽天モバイルが続き・・・。

ARROWS M01は、4.5インチの有機ELディスプレイ(720×1,280ドット)や、4コアプロセッサのMSM8926(1.2GHz)、Android 4.4を搭載したスマートフォン。メモリ容量は1GB、ストレージ容量は8GB。

IPX5/8の防水性能と、IP5Xの防塵性能を備えており、浴室やキッチンなど、場所を問わずに安心して使用できるとしている。

また、スマートフォンの初心者でも使いやすいという「シンプルホーム」画面や、ATOKベースの手書き対応日本語入力システム「NX!input」、快適な通話が可能という「スーパーはっきりボイス4」「スーパーダブルマイク」などの独自機能も搭載されている。

SIMカードはmicroサイズに対応。対応通信規格はLTE 2.1GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz、3G 2.1GHz/800MHz、GSM 1.9GHz/1.8GHz/900MHz/850MHz。

本体サイズ(約)は高さ138×幅67×奥行き10.9mm、重量は約153g。主な搭載機能・インターフェイスは無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0、microSDカードスロット(最大32GB)、GPS(A-GPS)、NFC、リアカメラ(約800万画素)、フロントカメラ(約130万画素)。

家電量販店でも販売されるようになりました。

企業のレビュー

スマートフォン初心者向けの「シンプルホーム」というホームアプリもプリインストールされた。ホーム表示中に左右にフリックすると電話の着発信履歴を確認でき、MENUをタップするとフィーチャーフォン風のメニューが表示される。最初はシンプルホームで使って、慣れてきたらOS標準ホームアプリ、あるいは「Google Play」で配信されているさまざまなホームアプリをインストールして使うということも可能だ。

ITmediaのレビュー。 本体の片手での持ちやすさ、UI、アプリのシンプルホーム、伝言メモ機能、スーパーはっきりボイス4などの通話補助機能、画面輝度調整、防水防塵、メモリやWi-Fiなどのスペック、対応通信規格と周波数帯域など。

ARROWS M01は左側面に音量ボタンと電源ボタンが集中。3つのボタンがそれぞれ楕円形。右側面は何もなくスッキリ。上部にイヤホンジャック、下部には防水キャップを施したmicroUSB端子がある。また3機種中唯一ストラップホールがあり、ガラケーから変更する人には良いかも?

背面のカバーを外すと大きめのバッテリーがあり取り外しが可能。その下にmicroSD、SIMスロットを搭載している。

ASCIIのレビュー。 ARROWS M01とSpray 402LG、LUCE KCP01Kとの3機種比較記事。色はホワイト。

ASCII.jp:LG/京セラ/富士通、3万円台の格安LTEスマホのカメラをチェック (1/3)
ASCII.jp:LG/京セラ/富士通、格安LTEスマホの端末と回線の速度を測る (1/3)
同じサイトから。LTE通信速度とカメラの比較記事。

個人のレビュー

持った時の感触としては、それなりの厚みがあり、横幅は狭いため、逆にXperia Z3などよりもずいぶん持ちやすいと思いました。背面のプラスチックは非光沢で、多少ざらつきのある加工のため、これが手のひらとちょうどいい摩擦を生んでいる感じです。

イオンモバイルでブラックを買った人のレビュー。4.5インチとコンパクトなだけあって片手でも操作しやすそうですね。内容は箱開封からベンチマークテスト、ネットワーク接続など。

iPhone 4SとXperia Z Ultraとの比較写真がある。

箱開封。他2ページに本体写真、ホーム画面など。

楽天モバイルでホワイトを買った人のレビュー。内容は宣伝的。

iPhone 6 Plusとの比較写真がある。

まとめ

ARROWS M01のレビューをまとめます・・・。

ディスプレイは4.5インチ/720x1280画素/有機ELと片手で操作しやすいコンパクトながら見やすい。
太陽光下でもディスプレイが見やすい「スーパークリアモード」。
防水防塵。
ガラケー疑似の操作画面を実現する「シンプルホーム」。
音声通話の操作が簡単な「かんたんな電話アプリ」。
音声通話補助機能の「スーパーはっきりボイス4」「スーパーダブルマイク」。
手書き文字入力対応。
大容量2500mAhバッテリー。
電池交換可能。
LTE対応。

ARROWS M01の評価:
品質は高いのですが、白ロムのXperia Z3 Compactと似たような値段なので、いまいち売れていないようですね。