【レビュー】紀文のあんまん1個は練りごまと三温糖であんこが風味豊か!?

カテゴリ:中華まん メーカー:紀文食品

【レビュー】紀文のあんまん1個は練りごまと三温糖であんこが風味豊か!? 紀文食品のあんまん1個の試食レビュー!ちなみにこのあんまんには練りごまと三温糖が使われており、風味の豊かさが売りとなっています。

公式ページ

紀文食品のあんまん1個の公式ページ 原材料やカロリーなどは紀文食品公式ページを参照してください。

購入金額

160円くらいで売ってました。1個入りなので中華まんの中でも高い部類に入るかと思います。

練りごまと三温糖

紀文食品のあんまん1個は練りごまと三温糖が使われている あんまんに練り胡麻とは珍しいものですね。三温糖は上白糖に比べて風味があります。

袋のままで

紀文食品のあんまん1個は袋のままで電子レンジにかけられる 電子レンジにかけられます!まあ、あんまんもパンみたいなものなので、当たり前と言えば当たり前ですが。切り込みは手でも入れられます。

国内生産

紀文食品のあんまん1個は国内の工場で生産された 工場が国内です。原材料がどこで調達されたのかはわかりません。

味は・・・

袋から出された紀文食品のあんまん1個 半分に切られた紀文食品のあんまん1個 皮はふわっとしていて甘みがある。よくあるスーパーの中華まんの皮ですが、その中でも質はいいと感じる。食べる前に真っ二つにしてしまったので、口に入れる前からごまの香りがしていた。ただ、ごまの味はあまりしない。しかし苦味はしっかりと感じられる。これはあんがちょっと甘すぎるためかと思う。甘さと苦さはお互いを引き立てあうから・・・。あんはもっと甘さを控えた方がおいしいと思う。練りごまが混ぜられているからなのか、あんの密度がしっかりしていて余計に甘く感じる。ごま油も使われているようだが、日本人にはふんわりした食感やあっさりした味の方が好まれると思う。あん自体はあっさりしているし皮もふわっとしているから、余計なもの省けば良いと思う。